H Jungle with t/小室哲哉ファンのページ

komuro.netは、生まれ変わります。今後の運営にご期待ください。





フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』参照
H Jungle with t(エイチジャングルウィズティー)は、浜田雅功(ダウンタウン)と小室哲哉による音楽ユニット。初期はTRFのDJ KOOと後にglobeのメンバーとなるマーク・パンサーや久保こーじが参加していた。

HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMPの共演で意気投合した浜田と小室だったが、番組内で浜田が「僕にもヒット曲プロデュースして下さい」と話した事がきっかけで1995年に結成。浜田がプロデュースを望んだ理由としては篠原涼子 with t.komuroの『恋しさと せつなさと 心強さと』の大ヒットの影響も強いという。ユニット名は、浜田のイニシャルであるHと、スケベの意味であるH、そして小室が当時傾倒していたジャングルが掛けられている。

ユニット結成記者会見で小室は「ミリオン(100万枚)はいくと思う」と発言、事実、A面バージョンは”2 Million Mix(200万枚ミックス)”というネーミングをされている。

そして予言通り、デビューシングル『WOW WAR TONIGHT 〜時には起こせよムーヴメント』は200万枚を越えるヒットを記録し、同年のオリコン年間チャート2位を記録し(1位はドリームズ・カム・トゥルーの『LOVE LOVE LOVE』)、レンタルCDチャートでは1位に輝いた。この楽曲には浜田の相方である松本人志もゲスト参加したが、その実態はスタッフが松本のところに録音機を持って行き「好きに喋ってください」というものだった。従って間奏に「B・U・S・A・I・K・U H・A・M・A・D・A」と叫ぶ部分と、ラスト部分には浜田と初対面したエピソードが好き勝手に喋られている。また、この松本のしゃべりは、『WOW WAR TONIGHT REMIXED』の中でリミックスされて収録された。

1995年には第46回NHK紅白歌合戦に出場。その際、本人にも知らせずに途中で「ゲイシャガールズ」の格好をした松本が乱入。浜田にもゲイシャガールズの扮装をさせるべく、カツラをかぶせ、着物を着せようとしたが、途中で浜田が客席まで逃げて行ってしまったため、松本のボケは不発に終わる(スタッフが松本の持っていたカバンの中にドウランを入れ忘れたというハプニングがあった)。その後、司会の古舘伊知郎と上沼恵美子に呼び止められた松本は、激しく動揺しながらも、浜田に着せそこなった着物を小室に着せてごまかし、「(公共放送なのでないのにもかかわらず)コマーシャル(をどうぞ)」「(裏番組の)野球拳いかなあかんから、呼びに来たんや」などと懸命にボケて見せた。

1996年の『FRIENDSHIP』以来活動は止まっており、以降再結成は行われていない。小室が吉本興業とマネージメント契約を結んだのを受けて、『HEY!HEY!HEY!』内で「今後活動はないのか?」と松本が問いただしたことがある。「H jungleは…微妙」と小室は呟いており、再結成は難しそうである。 (本来は2曲だけで活動を休止する予定であったが、浜田が紅白に出た後「あの雰囲気はよかった。また出たい」ということを小室にもらしたことや、浜田がドラマの主演をすることになったことがきっかけで、その主題歌として3曲目の『FRIENDSHIP』が作られたという話もある。)

HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMPでライブを行った際、浜田がアクシデントで歌唱を中止したのに歌声が流れ、口パクが露呈したことがある。

後に、LOVE LOVEあいしてるの特番で、H Jungle with LOVE LOVE ALL STARSとでも言える形で、『WOW WAR TONIGHT〜時には起こせよムーヴメント〜』を披露したが、その際、テレビで生歌を披露したのは、紅白とこの時だけであると告白した。

小室哲哉ファンのページ
musicdownloads